はじめてシステムを利用する方へ

政治資金関係申請・届出オンラインシステムを利用するためには、ID・パスワードの申請が必要となります。
申請方法には、インターネットを利用した電子申請(公的個人認証方式)と、申請書による申請(ID・パスワード方式)があります。
なお、申請方法、申込者区分(代表者、会計責任者)に応じて、ご利用できる手続きが異なりますのでご注意ください。
【申請の違いによる手続きの制限】
# 手続き 公的個人認証方式 ID・パスワード方式
代表者 会計責任者 代表者 会計責任者
1 政治団体設立届      
2 政治資金団体指定届    
3 政治資金団体指定取消届    
4 届出事項等の異動届    
5 政治団体解散届   ○※1   ○※1    
6 政治団体支部解散届   ○※2     ○※2  
7 資金管理団体指定届    
8 資金管理団体届出事項の異動届    
9 資金管理団体指定取消届    
10 資金管理団体でなくなった旨の届    
11 収支報告書 定期分    
解散分   ○※1   ○※1    
※1 代表者、会計責任者による連名での電子署名が必要となります。
※2 政治団体の本部は、支部が解散したときは支部の代表者および会計責任者であった者に代わって、支部が解散した旨およびその年月日を届け出ることができます。
下のボタンをクリックすると、システムをご利用できるまでの説明がご覧いただけます。
電子申請による手続き
(公的個人認証方式)
申請書による手続き
(ID・パスワード方式)
インターネットにて申請の手続きを行います。 申請書による申請の手続きを行います。

   

公的個人認証サービスの電子証明書
及び、カードリーダが必要となります。
オンライン提出のメリットや、利用方法の概要については こちらをクリック
利用にあたっての動画については こちらをクリック


ご利用上の注意

利用可能な文字について

JIS第1水準、JIS第2水準に加え、システム外字(NEC特殊文字、NEC選定IBM拡張文字及びIBM拡張文字)を含む、 マイクロソフト標準キャラクタセットに含まれる文字が利用可能です。
ユーザー外字はご利用できません。

文字を入力し、変換候補を表示した際に環境依存文字である場合は、変換候補の右側に 「環境依存文字(Unicode)」と表示されます。
政治資金関係申請・届出オンラインシステムでは、これらの文字は扱えませんので、入力を行わないでください。
環境依存文字例